起伏のあるところ

近くの小公園の中に、なだらかな斜面状の地面の上に芝生を植えた起伏のある場所がある。樹木の周りの土を水捌けの良いように盛り上げて、その勢いで周囲の一帯の土を波たたせるように仕上げてある。ハルはこの場所が大好きだ。公園に行くと必ずここに行きたがり、四足でうまく水平に体のバランスを取りながら、クンクンにおいをかいで回る。ここでは昼間、ベビーカーに連れられた幼児たちも、こちらは二つ足でよろよろしながらも「きゃあ、きゃあ」言いながら、喜んで遊んでいるのを見かける。自分も立ってみると、安定性は悪いが、ゴム底のスニーカーを履いた足の裏が凹凸を感知し起伏のある地面に吸い付くように触れ、何とも変わった心地よい気分になるのだ。土の上に柔らかい芝生を敷いてあるのでなおさらである。これがワーキングスペースであれば、確かにフラットで動きやすい床の方が合理的であろうが、休んだり、遊んだりする場所では、こういう床もありだろうか。普段歩き慣れているアスファルトの感触からはずいぶんと違う。

起伏のある土地と言えば、以前訪れた韓国のプサンやメキシコのサンミゲルアジェンデ、フランスのバンスなどの町は、全体が起伏のある地形に位置し、町中を歩いたとき登り坂を上がりきると、大きく視界が開けてまちを上から眺めることができ、下り坂を下りるときは道筋の細部まで見せるように視界が狭まるなど、異国の町歩きということもあってか、興奮の連続であった。坂状の場所を歩くのが多少疲れる年令になっては来たが、公園の起伏のある場所共々、興味をそそるものがある。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中