オルターナティブなルート

新しい散歩道の通り初めの翌日、日曜日は朝から小雨が降っていた。ハルは雨が嫌いだ。カッパを着せてやろうとすると、嫌がる。自分だけ朝食を済ませ、ハルには「君は帰ってから朝ごはんだよ」と説得し、用足し兼散歩に出かけた。いつもの小公園に寄ったのち、表通りから昨日の遊歩道に入った。人影もなく、小雨が降っているせいかまた違った印象の遊歩道に見える。ちなみに、道路の仕上がり良し悪しの状態は小雨の時にチェックするのが一番良い。水たまりの出来る個所などが一目でわかるのだ。フェンスで囲われた五棟目のマンションの基礎工事の様子も太鼓橋から手に取るように見え、現場所長さんの手腕が垣間見える。一周全長一キロメートル近くだった毎朝の決まった散歩ルートも、これからは真ん中を抜けて迂回する八の字型のルートや、雨や疲れた時散歩を半分の距離で切り上げることも出来る、いろいろオルタ―ナティブなルートの散歩が出来そうである。

完成したばかりの歩道沿いの植栽の状態は、今は冬で樹木もじっと我慢をし、草木の根っこも土の中に閉じこもっている。そのうち、春になれば小路脇の樹木の下に植えられた下草が花を咲かせて楽しませてくれることだろう。開放的な春が来るのが待ち遠しいこの頃である。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中