朝陽の当たる道  

改めてハルを連れてのいつもの朝の定番散歩コースをながめてみよう。全長約一キロメートルのこのコースは四つのコーナーに分かれる。第一コーナーは我が家から出て、突き当りのツタの絡む素朴な教会と、付属の幼稚園の入り口を折れて、曲線状の歩道を大通りに向かう。通りの角には半年ほど前に犬のトリミングの店が出来たが、ハルは利用する機会がない。飼い主さんたちは人間の散髪よりかかると言っていたが、ハルは年に数回毛が生え変わるので、時々梳いてやればいつもすっきりしているのだ。ここから動物病院はすぐそこだ。大通りの第二コーナーに出ると、すぐいつもの朝の小公園に行き着く。この通りはK電力の文化施設があった頃から、市でも指折りの整備された歩道がある。Sマンション群に変わってから、歩道わきの樹木が増え、コーヒーショップにも立ち寄れる快適な幅広の都会の遊歩道を楽しめるようになった。ほどなく、角に交番の控える六つ角に至る。

ここを右に折れると、朝は子供たちの通学でにぎわう通りになる。瀟洒な戸建てから高齢者ケアマンションへと続くこの通りは東南方向に位置し、朝方の散歩時には朝陽のまぶしさの中に、太陽のありがたさを体感するひと時でもある。正月の今日は人影もなく静かな道に陽の光を浴びて、ハルも自分も非常に心地よい。歩道上に伸びた電柱やハルの脚の長々とした影を踏みつつ、第三コーナーから第四コーナーへと曲がる。最後のコースは、普段の朝は保育園、高校、小学校と元気な子供たちの姿が絶えないところだ。右手には完成間近いマンション群の間の遊歩道が、もうじき通り初めが出来るであろう姿を現わしている。コースの最後に差し掛かった時、ちょうど車で帰宅された隣家の主と出会った。子犬を抱いたその姿に、ハルが「ワン」と一声、まず挨拶。「あけましておめでとうございます。今年もどうぞよろしく」と、お互い朝の会話を交わした。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中